媚薬の作り方、媚薬の普及のピクチャーの情報

促進女性オーガズムのやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女の快感も同じ男のようであり、波性で、このような波の通常5–12回ぐらい、間隔を1秒ほど、出現オーガズムと同時に、または出現オーガズムの直前、膣分泌物が大量に、いくつかの男は、この分泌物の出現、勘違い性ブームの到来して、そして摩擦を痙攣して、実はこれは誤りの、この時、女性の希望は頻繁に高い速度と強力な摩擦痙攣。最も主要なのは、女性が学会収縮膣の筋肉、これは芸術の操作規程を、操作が上手で、腟の筋肉を収縮させるように、指を握って離ささせたり、一般的に、男女の双方に対し1種の別の趣味の快感。この芸術、完全に女性の創造と学習にかかっているかを把握するかどうかは、完全に女性の創造と学習にかかっている。大多数の女性と収縮腟の筋肉もない、だから収縮させるので、よく合って活動は機械のマンネリ謹厳なモードすぎて、つまらない。女性は縮む膣筋肉という技巧を学ぶべきだ。

女性の膣筋肉の収縮から膣の下部に、そして子宮が発生のリズム性収縮、子宮の底からまで子宮頚。

オーガズムの心理の反応や感じが特徴で、正確に説明するのは難しい、だけでは非常に複雑で微妙な感じ、それに、人によっては同じでも、時間、場所、環境によって大きな差がある。

女性のオーガズムの特徴は、女性が突然リラックスし、これは増加快感の強力媚薬のマークが、そして、もし交わり合う双方は同時に調整に入るオーガズム、その男から射精、射精のザーメン膣博動と刺激粘膜や子宮頸の高さの敏感な部位の同時に、彼らは性の快感のピーク。女性のオーガズムの快感に先にクリトリスに始まり、そして全体に下腹部(陰部)放射しながらも、瞬間眩暈を感じもあるため、女性性の快感の強い、たまに本当に起こして気絶するが、多くの女性によると、これは1種のとても難しい記述の幸福感は、まるでこの気絶死こそ本当の幸せ。オーガズムは来てしばらくしてから、1種の温かみの波は全身陰部流れ、最後に筋肉の痙攣やけいれん陰部。

ある人は研究の女性のオーガズム後だと述べ、女オーガズムの主観感受が始まり、多くの瞬間に伴ってぶら下がって飄然入世の感情、つづいてクリトリス部位と繁殖から強い暖流の山を通して、だんだん骨盤曼延全身。ときに株暖流骨盤拡散体のその他の部位には、性欲のクライマックスで骨盤の鼓動にピークを特徴。

ペニスの刺激腟に対して、腟はペニスを刺激し、相互作用、ペニスが膣内での高速抽挿、一方の女性を予感する高潮、今、週囲の環境意識の程度は明らかに下がって、そしてはっきりと感じから射精時大量ザーメン陰莖の中から射出、時には明らかに感じて射精時尿道筋肉がけいれんす縮、快感と心理的な快適と満足感、最後の排泄精液の快感。

この段階、性欲を洩快感は、交と調和が生じ、そして強めの。詩人の詩は、情の高潮の光景を描いている:

キリストの二次のように、恍惚して恍惚

また50双の翼を挿して、空は飛ぶ

沸き立つの肉体よ!喜び、瘋狂。

時には低くささやき、時には夜明けまで歓呼して

快楽は頂点に達して

無言の静寂に達する。。。。。

オーガズムが出た後には、思う存分楽しんで性愛の喜びは、抑圧と引き締め、たとえ環境を許さなくてもこの喜びを表現する適切な表現、低い唸り声が出ても、そのすぐを感じるほど強い度などと叫びます勇気がありません自分で強制的に、ハードで抑える心理、大幅に低減性の快感の強さ、甚だしきに至っては快適な感じがない。表現快感の上に声を与え、実際には天性の性愛のもたらす自然の喜びを抑えてはいけない。

女性の性欲ブームの出現。性交過程の中で一度体験1—3度、あるいは更に何度も快感を楽しむ。しかし、人にあげることができて、喜びと満足のは、初めての快感は、女性の特徴を男性は、適切に行動を回避し、双方の満足しない。注意:そして朝はないと彼女はいつも親密な時/夜は美しい/女は魅力的な/しかしこんな夜でも/所有しない人はすべて穏やか、のんびりとクリア/ベッドに入る時似漆如胶/起床時の目に角を立てる。

オーガズムの出現は、双方同時に快感を手にいれるの芸術が、快感も達成性の調和と相互の満足、これと上の紹介の知識は矛盾する。年齢、健康状態、生活習慣などの要素の影響で、男の人と女の人が出ない快感も同時に。もないと同時の速く感じることが、愛し合う二人は抱きしめて一緒に交渉すると自分は、陰莖の差し込み膣の接触と、人に1種の美しい感じない。快感がないブームが出てきても、快楽をもたらす。

本文の原始アドレスから媚薬の天然原料と作り方、転載は明記してください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。