媚薬の作り方、媚薬の普及のピクチャーの情報

避妊環はどんな副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今多くの女性が出産たくないときも避妊の方法を採用し、女性用避妊具は最も保険の方法として、しかしあなた達はすべて知っていますか?避妊リングは用途以外、副作用がある。では、避妊具はどんな副作用がありますか?どんな注意事項がありますか。次は起きてみましょう。

出血は安环後のさん—よんしよ日、ほとんどの女性が、少量の出血があって、これは、避妊リングという異物、子宮収縮を刺激を引き起こし、避妊リングと子宮内膜摩擦による出血;もある戴环時剥いた子宮頸管内膜や子宮内膜による出血;多数の女性出血量が少なく、治療が必要安环後、1週間で治愈しない。

月経量が増えて安环初期で、特に頭の3ヶ月、一部の女性の月経量が異なる程度の増加や、月経期は延長して、あるいはが不規則点滴出血。それは主に子宮内膜が外れた時、避妊リングや子宮内膜の間の摩擦により、子宮内膜が損傷している。3か月後には自然に好転する。

痛みや腰の酸っぱい下腹安环後、少数の女性がこのような感じがある、主に一部の人の子宮に避妊リングに敏感とそれを「侵入者」を引き起こし、子宮収縮させ、軽い痛みや腰の酸っぱい下腹。短い時期の適応後、症状は自ら消えていく。

こしけが増えてもし不安は、尾の糸の避妊リングがあり、尾の糸に子宮頸の膜の長期接触と摩擦による刺激、子宮頚分泌物が増え、すなわちこしけが増えて。同様に、尾の糸の避妊リングとしての異物を刺激し、子宮内膜が、分泌物の増加を引き起こす。しばらくの間、子宮内膜組織完全適応後、こしけ自然は減少しました。もし安环直後だけでなく、こしけは明らかに増え、しかも黄色の膿性も伴うこしけ、全身発熱、下腹部痛などに合わないかもしれませんが、すでに感染が直ちに医者にかかる。

本文の原始アドレスから媚薬の天然原料と作り方、転載は明記してください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。