人気高いの媚薬作り方&やり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市販の人気媚薬に比べると、自分でつくる媚薬はもっと安全的で、効果があると同時に副作用も少ないと言われています。この文には、自宅で作れる人気高いの媚薬の作り方とその効果を紹介します。一度試してみてはいかがですか?

以下、その材料と作り方、その効果です。

イシュタルの秘密の媚薬作り方

材 料
バニラビーンズ 6個
赤いバラの花びら 6枚
シナモン・スティック 1本
お湯 適量

作り方
①金曜日の深夜、適量のお湯を沸かし、バニラビーンズを6個、赤いバラの花びらを6枚入れる。
② シナモン・スティックでかき混ぜながら「サチュロス・ヴォルグ・ギルブ」と唱える。
③煮詰まったらバニラビーンズ、バラ、シナモン・スティックを取り出し、残った液体をビンに詰める。
効 果
少量を首筋、手首、性器のまわりに塗れば周囲に多くの異性がよってくるようになる。ただし効果はにおいが出ている間だけであり、薬自体も次の金曜日以降は使えなくなる。また、性的な結びつきの面が強く、プラトニックな愛を求める人には向かない。

オレンジ媚薬の作り方

材 料
蜂蜜 ひとさじ
シナモンの粉末 少々
グローブの粉末 少々
カルダモンの粉末 少々
ナツメグの粉末 少々
松の実の粉末 少々
オレンジジュース 1カップ
じゃこうのエキス 一滴

作り方
蜂蜜、シナモン、グローブ、カルダモン、ナツメグ、松の実の粉末をオレンジジュースに加え、じゃこうのエキスを垂らして相手に飲ませる。

効 果
相手をなんとかして自分の家に誘うなりして、その相手に惚れ薬を1滴だけいれた ものを食べさせるなり、飲ませるなりするのである。決して1滴以上使ってはならない。そして、瓶に残った惚れ薬は、 相手がその薬を口にしたことを見届けたら、その夜のうちに庭の土に流してしまわなければならない。そうすればあなたは望みの異性の愛を勝ち取ることができるであろう。

作り方や材料も簡単です。根拠は全く分かりませんが、リラックス効果や持続効果が期待できそうです。

本文の原始アドレスから媚薬の天然原料と作り方、転載は明記してください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。